クルマ関係

2013年11月25日 (月)

クルマ、2回目の車検。

今年は車検なのである。


ワゴンRスティングレーに乗り換えてから、二回目の車検。という事は、もう5年乗っている事になる。それでいて、走行距離は約25,000km。乗っていないなぁ……。まさに、「ご近所お買い物グルマ」でありますね(汗)。

今回も近所のディーラーに依頼したのだが、

「まぁそんなに走られてないですし、新しいですから、不具合はなかったです」

なんて言われてしまった。特記事項はせいぜいフロントのブレーキパッドを交換し、後は2ヶ月程前から切れていた、リアのルームランプの球を替えた位。最近は自分でイジる気力も時間も無い(爆)。


次の車検はまた二年後。その頃には軽自動車の税金はどうなっているのだろうか……。なんて思いながら運転席に座り、車検証を仕舞おうと助手席前のグローブボックスのノブを引いた瞬間、


バキッ。


……。


ノブが折れました(汗)。


ていうか折れるかい、普通(汗)。聞いた事無いぞこんなトラブル。


ディーラーで起こったのは不幸中の幸いだった、と言ってもいいのだろうか。即座に部品発注し、翌日には届いたらしいーーのだが、こちらが行けないので修理はまた来週。なので一週間、グローブボックスは開きっ放しである(爆)。

最後にボックスを開け閉めしたのはディーラーの人間なのは確かだけど、まぁ原因は「ナナメにノブを引いた」事だろうからなぁ。それで折れてしまう、という部品の質はどうかと思うけど。ちなみに部品代は200円ちょい。交換作業はサービスして貰いたいトコロ。ていうか、金取られるなら自分でやるわい(笑)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

受けるべきか、受けざるべきか。

家に帰ったら、クルマの法定点検のお知らせが届いていた。

Dsc_0184
こんなの。

恥ずかしながら(?)、これまで中古車ばかり乗り継いできたので、法定点検というものを行った記憶が全く無い(爆)。記憶が無いだけで、実際にはしていたのかもしれないが……。

法定、なので法律で定められているのだが、罰則規定が無いのでスルーしているヒトも多いとい噂のこの点検。さてどうするかなぁ……と改めてハガキを見てみると、何か違和感が。

Dsc_0184_2

……。

Dsc_018

…………!!

Ca390965

ちなみに、我が家のジムニー(?)。




12355639710011



受ける気無くしますな……orz。


ちなみにコレを送ってきたのは、クルマを買ったディーラーとは別の、車検等を行った近所のディーラーである。うーん、やっぱり自社で買ったクルマじゃないと、気が入らないということなのだろうか。

ちなみにこのハガキが届いた数日後に、

Title01

無料点検キャンペーン

のハガキが届いたのだが。

こっちを受ければ法定点検(有料)は必要ないのかなぁ?

なんて思ったり(笑)。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

スマートキーの電池交換。

今年になってからーーというか、姫が生まれてから週末になるとクルマの稼働率が非常に高くなっている。とはいっても近距離をちょこちょこ、という感じなので走行距離は一向に伸びないのであるが……。

今のスティングレーを購入してから三年と三ヶ月。車検を通したばかりでもあるし、快調そのものなのだがーー。少し前から、エンジンをかけると警告が出るようになった。


Img_111
↑コレ。


一瞬バッテリーの劣化かと焦ったのだが、マニュアルを見るとスマートキーの電池が少ないという事らしい。調べてみたが、三年で寿命を迎える、というのは大体同じのようだ。ディーラーに頼むと、600円位取られるらしい。どうせだったら車検の時にでてくれれば……と思うのだが、えてして不具合というものはイザ持って行くと出ないものなのだ。


というワケで、


自分で交換にチャレンジ!(※良い子は真似しないように! 何か起こっても責任はもてません)


電池は面倒だったのでAmazonで購入。--すると何故か、お手製のようなパッケージに入って届いた。ちょっと不安だったが、まぁ使ってみるのである。


Dscf1143
お手製(?)パッケージ。


購入時にキーは二つくっついてきたので本来は同時交換が理想ではあるが、何かあったらヤバいので(爆)、とりあえず片方だけをバラしてみる。ネットでググるといくつも実例が載っているので不安は無かった。

まずエマージエンシーキーを外す。するとそこに窪みがあるので、硬貨を使って捻る要領で隙間を空ける。空いたスペースに、小さなマイナスドライバーを入れて注意深くこじっていく。するとーー、


Dscf1142
呆気なく、分解した。


アッ、と思った時にはスイッチ部分がバラバラに(汗)。上下どちらにどの表示のスイッチが入っていたのか分からない状態に。まぁもう一つのキーを確認すれば良いのだけどね。


Dscf1141
分解前。10円玉でスキマを広げる。


電池を交換し、パチパチとはめて終了!

ほんの2~3分の作業である。これで電池代込みだとしても、600円は高いなぁ。

自信が付いたので、もう一つも交換。


これで、約3年は大丈夫かな。電池がマトモなら、だけど(汗)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

車検の季節。

いつの間にやらスティングレーを購入してから3年が経過していたようで、今年が車検なのである。


Ca390965
2008年購入。そんな前か……。


といっても15,000kmちょいしか走っていないのだから、そんなに不具合も無いーーと思うのであるが、機械モノはむしろ毎日使っていた方が調子が良い、という事もあるので、やたらとオートバックスから車検のお知らせがきていたのであるが(電話までかかってきたよ)、やはりディーラーに依頼する事にした。


購入は、rika実家のツテを頼って海老名のお店で買ったのだが、「土日が工場休み」という非常にアットホームな(?)営業状態の為、勤め人にはチトキツイ。なので、申し訳ないが利便性を最優先させて頂いて最寄の(といっても横浜市ではないのだが)ディーラーに依頼した。

代車の有無にはあまり期待していなかった。借りられても2,3日だったりしたら、平日に返却はできないのであまり意味が無い。以前、カプチーノに乗っていた時に世話になっていたディーラーがそうだったのだ。

だが話を聞いてみると、

「ご来店特典で、代車一週間サービスまたはオイル交換サービス、もしくは2,000円引きとなります」

というではないか! 正直、今は姫がいるのでイザという時にクルマがあるのと無いのではやはり安心感が違う。ここは迷わず、代車を選択。すると、

「代車は何でもよろしいですか?」

「……オートマであれば、何でもいいです」

という苦渋の(笑)返答。オレだけが運転するなら、MTでも全然オッケーなんだけどな……。

さて、代車は一体何だろう。以前カプチの時に借りたのは、先代ラパンであった。出だしがトロくてどうしようも無かったが、回せばそれなりに気持ち良かった記憶がある。まぁ間違ってもスイフトやスプラッシュといった普通車は無いだろうから、やはりラパンかノーマルのワゴンRか、それともアルトか……と思っていたら、


Ca392758
やはりアルトでした。


HA25S、グレードはG。副変速機付CVTのタイプだ。走行距離は1,000kmちょい。試乗車流れなのかな? とりあえずはディーラーから直接買い物に行くことにした。副変速機付CVTの車に乗るのは初めてだったので、果たしてどんなものかーーと思ったのだが、

普通に走るね(当たり前)。

というか、以前の4ATラパンに比べて、高回転でなくとも出だしからアクセル開度にエンジンがついてくる感じ。ノンターボなので非力には間違いないのだが、レスポンスは悪くない。確かに音は五月蝿いのだが……街中を買い物目的でノンビリ走るなら、もうこれでいいんじゃね? という感じではある。

でも戻ってきたスティングレーに乗ると、「ああ、あれは安っぽかったなぁ」なんて思ってしまいましたが(爆)。


ちなみに今回の車検は、キチンと予約をして後日にクルマを持っていったのだが、一言も「納税証明書を忘れないで」といった事を言われなかった。まぁ言われるまでも無く、車検証と一緒にしておいたのだが……。最近は、絶対必要ってワケでもないのだろうか?


<オマケ>

Ca392756

二回食になりました。バナナが大好物。一回で一本食べ尽くす勢い(汗)。


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

ブーツのヒールはHeelなのか。

先日大山に登った時はトレッキングシューズを履いたのだが、クルマで現地に向かう時は普通のスニーカーで行き、現地で履き替えた。

クルマを運転する時には、基本的に厚底の靴は履かないようにしている。何処までが厚底かーーと言われると困ってしまうが、上で書いたようにトレッキングシューズやSPDシューズは履かない。

以前、カプチーノに乗っていた時はMTでしかもアクセルとブレーキペダルの間が狭かった為、あまり重い靴を履くと疲れるし、幅広の靴ではアクセルとブレーキを同時に踏んでしまう(マジです)ので、必ず底の薄いスニーカーを履いた。夏にサンダルを履くときも踵が引っ掛けられるタイプのものを選んだ。カプチを手放した今となっては、履き辛くてしゃーないのだが……(汗)。

今のスティングレーはAT(CVTだけど 笑)だが、何となく靴に対しての意識は残っているのである。


で、何で突然こんなネタを持ち出したのかというと。

新車の紹介やレビューを行うサイトを僕は良く見ているのである。具体的に言うと「webCG」や「carview」のようなサイトでありますね。欲しくとも買えないクルマのレビューを見ながらああ、とかうう、と呻きつつ、ヨダレを垂らしているのです。

レビューしているのは所謂「自動車評論家」と呼ばれているような方々。中には女性もいるのだがその中で、レビューの時に結構高さのあるヒールのブーツを履いているヒトがいたのですよ。


どうなんだろうね?


僕はヒールのある靴を履いたことが無いから何ともなのだが。ヒールがあっても、底が薄ければ特に問題は無いのかな? 

靴底の厚さより、踵が外れたりしないという方が余程重要だ、なんて意見もあるようだ。確かにサンダルでの運転は明らかに危険だし、僕も以前、ちょっと緩めのスリッポンを履いて運転していた時にポン、と踵が抜けてしまって慌てた記憶がある。


ちなみにそのレビュアーの女性が、メーカーの女性と一緒に撮った写真もあったのだが、メーカーの女性は見事にペッタンコの靴であった。うーむ、個人的には「なんだかなぁ」である。

慣れてしまえば、何て事は無いのかもしれないですがね。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

さよなら、シビック。

ホンダ・シビックが40年の歴史に幕を閉じるという。本来エントリーカーとしての存在だったハズが、近年ではフィットにその座を完全に奪われて売上げも減っていたらしい。


何を隠そう(?)、実は僕にとってのファーストカーが初代シビックであった。この場合、「物心ついた時に家にあったクルマ」という意味である(笑)。親父は初代ライフを購入したのだが事故で廃車にしてしまった為、その流れでシビックを購入したのだとか。

記憶からすると、ウチにあったのは4doorGLという、1500CCのちょっと上のグレード。親父も頑張ったのだ(笑)。この当時は「5ドア」という言い方が無かったらしく、「4door」であるがカタチ的にはハッチバックである。後ろに「セダン」が付くと、今日思い浮かべる「4door」のカタチになるというワケだ。


Gl_l
初代ホンダ・シビックGL


当時広島に引っ越していた僕らは、このクルマでいろいろ出かけた。とはいえ、エアコンが贅沢装備だった時代である。エアコン無しで、シートはビニールレザー。夏は汗でベトベトになり、座席や背もたれに敷くタオルが欠かせなかった。

冬になると自分でチョークを引いて空気の量を調節する。時々助手席の母が外に出て、砲弾型フェンダーミラーの調整をした。運転席の父が右だ左だと言うのだがうまく伝わらなくて、癇癪を起こすのもまぁ、日常であった。

当時はAT車の金額がMT車より高い、というのが普通で、我が家のシビックもMT車であった。ギアチェンジの動きにアコガレて、後部座席で横に座った兄貴と一緒に、運転のマネをしてヒマを潰していたものだ。

しかし瀬戸内の潮風にやられたのか、当時のホンダ車の塗装が弱かったのか分からないがボディのアチコチにサビが出始め、さらに極めつけはどこかを旅行していた時に、


マフラー脱落(爆)。


勿論、原因は錆びである。針金で応急修理をして帰宅したものの、それが親父に買い替えを決意させるきっかけとなった。トラウマになってしまったのかどうか分からないが、親父の中には「ホンダ車=錆びやすい」というイメージが未だにしつこく残っている(笑)。

次のクルマになったのは、トヨタ・カムリ(初代)。僕が大学3年になるまで13年間現役で活躍し、最後は僕の運転中に真夜中の中央高速でタイミングベルトが切れ、廃車となった。

僕が生まれる前のライフを加えても、親父のカーライフはこれまで5台のみ。少ないからこそ、僕の中にもそれなりの思い出が蓄えられている。というか、書いていて自分でもビックリするくらい、クルマにまつわる思い出、というものが多い。

僕自身が所有したクルマは今のスティングレーで3台目。昨今ではクルマを所有するという事に対して、主に金銭的な事でネガティブな側面ばかりが取り上げられる傾向にあるような気がするが、やはり所有する事によって得られる事も間違いなく、あるのだ。


とりあえず「シビック」そのものが無くなるワケではなく、外国では生き続けるらしいーーといっても、現行シビックも日本と北米と欧州で、全く違う形をしているのだが……。

ヨーロッパから輸入したタイプRの限定販売をしているのだから、今後もそういう流れでいくのだろうか? タイプRには確かにアコガレるのだけど……買えないなぁ(笑)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気 blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

悲運(?)のカーカバー。

もう先々週のオハナシになるのですが。

クルマのカバーが裂けました(涙)。

何が起こったのかというと、その日はちょっと強い風が吹いていた。会社から帰ってきた僕がクルマにチラッと目をやると、カバーがぶっ飛んでいた。

しかし、僕は冷静だった。実はこのカバー、スズキ純正品なのだが、左右はクリップで留めるものの前と後ろはゴムをバンパーに引っ掛けるだけなので、強い風が吹くと捲くれてしまう事が以前もあったのである。

家に入る前にクルマの所に行き、後ろに完全に捲くれてしまったカバーを前へーーと思ったのだが、どうも様子がおかしい。左右のクリップは留まったままだから、そんなに苦労する事はないはずなのに……って、


コレ、完全に裂けてんじゃん!


縁のゴム部分で繋がっているだけで、7:3の割合でスパッと前から後ろまでキレイに……orz。

原因は、すぐに思い当たった。スティングレーには正面から見て左側の車体後方に、可倒式の短いアンテナが付いている。そのままカバーをかけてしまうとアンテナ(ゴム製)が曲がってしまうので、アンテナを倒し、かつねじ式のそれを外す、という儀式(?)が必要なのである。

数ヶ月前のこと。いつもならアンテナを「倒してから外す」という行程を経ていたハズなのだが、何を思ったのか「倒さず外す」ようにしてしまったのです。ハイ、もうお分かりですネ。上を向いたままの取り付け口の金属が、ピンと張ったカバーにグサッと……orz。

まぁ少し穴が開いただけだから、とそのまま使用していたのですが、数週間が経った後。

何か裂け目が広がってないか?(汗)

うーん、やはりガムテとかで補修する必要があるかもなぁ、その内に。その内に、その内に……とか思っていたら、今回の有様ですよ(涙)。下から入った風が、一気に裂け目を広げてしまったんですな……。


ていうか、スーツ買ってカーナビ買って、もうお金無いです(汗)。


正月、親戚一同の集まりでBMCを買った金額を聞いて目を丸くし、

「大丈夫なのかそんな高いの買って!」

と心配する兄貴に向かって、

「まぁ、最近欲しいものとか無いから、大丈夫だよ」

とかのたまっていたワタクシは一体何処に行ったのでしょう?(滝汗)


とりあえず放置! を決め込んでいたのだが、車体が紺色という事もあってメッチャ汚れが目立つ事が判明(汗)。うーむ、とりあえず汎用品でも買ってみますかねぇ……純正は高いので。自業自得とはいえ、困ったもんです。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

前のblogの裏バナシ(笑)。

昨日のblogで書いた、大山に蜜柑を買いに行った時の事。実はこの時、あるモノのシェイクダウンだったのですよ。それは、


Ca391977
カーナビ!


所謂「メモリーナビ」というヤツである。パナソニックのストラーダポケットCN-MP250DL。購入に際して条件として挙げたのは、

・5万円以下
・VICS対応


という事の2点。メモリーナビの場合、「VICS対応」という部分でかなり選択肢が狭まってしまう。同じパナソニックでCN-MP150DLという250との違いはワンセグの有無だけの下位機種もあったのだが、実売価格の差は二千円程度だったので、ぶっちゃけワンセグに興味は無かったのだが250をチョイスした。

今回は僕にしては珍しく(?)、衝動GUYではない(笑)。昨年から家電量販店を数軒ハシゴしてポイント値引きと現金値引きの差を確認し、日々の価格変動をチェックしつつ、最低価格時よりも数十円高という、まあまあのタイミングで購入することができた。

当然ネット上での購入である。店頭販売よりも、10,000円以上安い! コレで5年保障も付くのだから、大したものだ。VICSの配線に少々苦労したものの、1時間程で取り付け完了。

では(テストを兼ねて)大山へGO!

ーーというのが前のblogなのであった(笑)。


とはいえ大山までの基本的なルートは頭に入っている。そのルートとナビで検索した「最短ルート」を比較してみると、さほど誤差は無かった。この場合、ナビが良いというべきか、僕の道チョイスが良いというべきか(笑)。

最短距離で検索すると、「走りやすさ」とかを度外視したルートを表示してしまうのは、どのナビでも同じなのかもしれない。知っている道についてはアタマの中での補正も必要なようだ。だがやはり、

VICSはあって正解

であった。大山からの帰りは、午後4時過ぎ。当然、国道246は大渋滞……。それがもう手に取るように分かったので、ナビのチョイスした回避ルートを指示通りに進んでみた。基本的には見知った道が多かったのだが、「知った道と知った道をどのように繋げるか」という点で、知らなかった道を迷わず進めたのはやはり、ナビがあったからこそ。おかげで、厚木付近まで渋滞知らずであった。


今のスティングレーで3台目のマイカーなのであるが、


生まれて初めてナビとETCが両方装備されたクルマを所有したよ!(爆)


しかし、最近はスーツも買ったしオカネの消費が激しい……。こんなゼータクしていいのかなぁ、と悩んでいたら、rikaが言った。

「いいんじゃないの? あたしの友達の家のクルマも、みんなナビ付きだっていうし。むしろこれまでナビを付けてなかった事がケチ過ぎだったんだよ。これで、どこか行った時にあたし地図見なくてすむし(笑)、その事を考えたら全然贅沢じゃないよ?」

「……」



Orz




ナビってものは、実は「助手席の方がラクをする為」にあったのですな……。そんな事を思い知らされた、ナビデビュー戦でありました(爆)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

1年振りに見る、元愛車の姿。

blogを見て頂いている方は御存知かと思うが、

僕は昔、カプチーノに乗っていた。

カプチーノといってもコーヒーのアレじゃなくて、スズキが生んだ名車、


Ca390964 カプチーノ


である(写真は元愛車)。一度エンジンをぶっ壊したりしながらも、根性で(?)復活させたりした。僕にとって、ある意味人生を変えてくれたクルマであると言っても過言ではない。

しかしながら、旧規格の軽自動車で、2シーターという最悪の積載能力等が仇になり、自分自身の生活環境が変わっていく中で手放す事を決意したのだった。

それが、昨年ーーいや、もう一昨年になるのかーーの12月。詳しいトコロを知りたい方は、「クルマ関係」カテゴリからどうぞ(笑)。


で、カプチをどこに売却するかで一悶着
(?)あったのだが、結局は軽スポーツカーの専門店に買い取ってもらった。その店のblogで、売り出されるところから買い手が付くまでを観察し、

「またどこかで会えればいいな……」

という思いを持ちつつ、blogをチェックする事もなくなっていった。



それから1年。


何の気無しに本日、その店のblogを開いて見たのである。するとーー、


Img_7821

どこかで見たようなクルマの写真が……っ!


年式や装備品からみて、ほぼ元愛車に間違いない。とすると、前の買い主は1年だけ乗って売ってしまったというワケか……。まぁそうだろうな(謎)。

うーん、しかし元オーナーとしては、少々フクザツな気持ちである(爆)。確か僕で3人目のオーナーだった。次に買う人は、5人目のオーナーとなるワケである。前回は確か65万円位で売られていたが、次は幾らで売られるのだろうか? 安かったら買い戻すって手もーーいや、無いけど(汗)。


しばらく、お店のblogから目が離せそうに無いワタクシであります(笑)。



↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

アヤシイクルマ。

お久しぶりでございます。m(_ _)m


前回の更新から丸々一週間振りになってしまったこのblog。皆様シルバーウィークは如何お過ごしになられましたでしょうか。僕はというと……自転車にはマッタク乗れず(汗)。そのくせ連日出掛けては渋滞にハマって体力を削られる、という悪循環 orz。ドタドタと慌ただしい連休でありました。来年は長くても3連休のようだが、もっとゆったりと過ごせる余裕を持てるようにしたいですなぁ。

ドタバタした、という事はある意味ネタも確保出来た事に他ならないのであるが(笑)、写真の整理ができていないので明日以降ということで一つ(汗)。


本日は帰宅途中の渋滞中に発見した、小ネタを一つ。信号待ちをしていてフト横を見ると、レッカー車に載っている一台のクルマ。さほど珍しくもない光景だが、問題はその載っているクルマである。

Ca391645
車内からケータイで撮影。

Ca391646
ハッチというより、アバントっぽいですな。



真っ白な布で擬装されたその姿。ホイールキャップのロゴも無く、


明らかにアヤシイ。


まぁ後ろから見たら、バッチリとアウディのロゴが布に浮き出ていたワケで。

メーカーはすぐに分かったのだが、何だろう、コレ? 開発中のニューモデル? それとも単に納車前だから保護しているとか?

すぐ近くにアウディのディーラーがあったので、後者の可能性の方が高いかもしれないが。


真相は、闇の中……。




↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧