旅どう。-TDL2008-

2008年6月12日 (木)

『ジュビレーション!』写真館その2-TDL2008 EX-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3- -その4- -その5- -その6- -最終回- -EX その1-


『ジュビレーション!』写真館その2です。このパレード時の気温はかなり高めで……。中のヒトビトは大変だったと思う(汗)。真夏のTDLはこれ以上の暑さだと思うと……行きたくないですねぇ(爆)。

P1010063 P1010066

P1010067P1010074


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジュビレーション!』写真館その1-TDL2008 EX-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3- -その4- -その5- -その6- -最終回-


本日は、昨日で完結した(ハズ)の、「TDL2008」で使用できなかった写真を載せたいと思います。TDLの写真、というか、パレード『ジュビレーション!』の写真ですね。枚数が多いので、2回に分けてお送りします。

断じて手抜きではない……と、思う(汗)。

P1010057 P1010058
P1010059
P1010060
P1010062

P1010065
「その2」へ続く

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

終わり……ヨシ?(汗)-TDL2008 最終回-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3- -その4- -その5- -その6-


P1010077
入り口で、ミッキー達がお出迎え。(開園時は見る余裕ナシ! 笑)


二回目の『スペースマウンテン』ではあるが、刺激は変わらず。rika等は

「お尻が浮いたよ……」

と後に語った。あのデカイお尻が浮いた、という位コースターの勢いがあったト、つまりはそういう事である。


時刻は16時半近く。17時半には出よう、と計画していたので、アトラクション巡りはこれにて終了! 6種類のアトラクションのみ制覇(内一つは2回乗車)、といういささか控えめではあるが、今回のテーマ「オ・ト・ナ・のTDL」には相応しいと言えるであろう、結果となった。体力も余っているし(笑)。

P1010071
夕暮れのシンデレラ城。


帰宅前にお土産をーーと思ったのであるが、お店が集中している<ワールドバザール>エリア内の店は、前回ほどではないものの、お客が集中してエラい状態に(汗)。それでもお菓子関係以外はさほどでもなかったので、今回は小物を物色する事にした。rika的には、何か一つでも「25周年」と入ったモノが欲しかったらしいのである。

「だって25周年はもう二度と、来ないんだよ」

あと20年待てばディズニーシーが25周年だヨ……という僕の考えは、却下された(爆)。まぁ20年後っていったら、もう50歳か(汗)。

P1010076
「ワールドバザール」前にて。


幾つかブツを買い込み、いよいよ脱出! しかし、駐車場を出てからよく分からないウチにR357へ入らされ、結局葛西ICまで行く事に。

が。

この葛西ICが大渋滞! 


湾岸にのって以降は全く問題なかったので、後から考えると葛西を通り越して新木場まで行った方が良かったのかもしれない(事実、そうしなさいという表示はあった 汗)。

TDLも二回目ともなると、やはり「知っている」という余裕が生まれてくる。今回の件で悟ったのだが、例え行った事が無くとも、

興味の無いエリアには立ち寄らない。

のだ。代表的なものが<トゥーンタウン>(笑)。例え気が変わって「これまで乗った事がないアトラクションに乗ろう」となったとしても、並んでまで乗る気にはなれない。だったら、乗った事があっても面白いアトラクションに乗るために全勢力を集中しましょう。そうしましょう、そうしましょうと太郎さんも花子さんも言いましたマルッ! という事になるのである。

さて次回は……あるのか!?(爆)


今回は多少文章が短くなってしまったので、<ジュビレーション!>の画像を載せます。ちなみに昨日の写真は携帯で、コチラの写真はデジカメ(コンデジ)で撮ったもの。やはり動くものを撮るには、コンデジであっても、やはりデジカメの方がいいッスね(笑)。

P1010050 P1010052
P1010054
P1010056

↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

いざ、ジュビレーション!-TDL2008 その6-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3- -その4- -その5-


眠気と暑さと闘い続けていた僕。途中でrikaが買ってきてくれたアイスで一息つく。

「コレ買うのに、20分位かかったよ……」

rikaが半ば呆然としながら語ってくれたそのアイスは、噛むとサックリ崩れるというのに何故か炎天下で陽に当てていても、溶けてこない。正に、

お口で溶けて、手で溶けないアイス。

何かアヤシかったが、とりあえず冷たいのは嬉しい(笑)。

Ca390252
アップル味とオレンジ味。ミニーは少し囓られちゃってます(爆)。


ようやっと15時になり、パレードが始まった。僕にとって、昼間のパレードを見るのは前回のハロウィーン以来。あの時も最初は興味なかったのだが、見ている内にノリノリになってしまった(笑)。今回はこの酷暑に加え、位置も決して良いとはいえない場所。

果たして今回はどうなのかーー。とりあえず、写真を御覧頂こう(手抜きでは……ない、つもり 笑)。

Jubi


Jubi2


それでは、結論を。うーん、個人的な感想では、前回のハロウィーンの方が良かった、と言わざるを得ない。何故だろう、と考えてみると、ハロウィーンは「参加型」だったのだ。5種類くらいの振り付けがあって、憶えられなくともそれなりに一緒に踊って楽しむ事ができた。今回はそういう趣向は無く、見るだけ。

もっとも、「25周年記念」と銘打たれている『ジュビレーション!』と、「イタズラかお菓子か」とポップに弾けている雰囲気のハロウィーンでは、違っていて当然だとは思う。それでも昼間のパレードであるならば、「観客と一緒に何かする」という事をしてもらった方がより楽しめるんじゃないだろうか、と思うのだ。ディズニーシーと違って、間近でパレードが見られるランドだからこそ、そう願ってしまう。


ま、ムズカシイ事はさておいて。

今回は環境も環境だった為、

「やっと終わった!」

と思ってしまった(爆)。途端に周囲の人波に揉まれる。その中をジリジリと、『スペースマウンテン』のある、「トゥモロー・ランド」エリア方向へ向かっていく。しかし、である。

パレードは我々が見物していた「ウエスタンランド」エリアから移動し、正に「トゥモロー・ランド」方向へ向かっているのだった。このまま進んでも、大混雑に巻き込まれるは必定。ならばーー。

「ここでも見ていかない?」

と、rikaが指したのは「ファンタジーランド」にある『ミッキーマウス・レビュー』。キャストさんが

「あと10分ほどで開演します!」

と叫んでいる所だった。時計を見ると、15時半というところ。FPの使用期限時刻が、16時。ーー間に合うだろう! という事で、中に入る。


<このアトラクションはミッキーマウスをはじめとしたディズニーキャラクターが演奏会を行うという設定の劇場型のアトラクションで、オーディオアニマトロニクスで作られた様々なディズニーキャラクターが登場する。>(wikipediaより抜粋)


最初に告白してしまおう。



爆睡しちゃった(核爆)。


このアトラクション、基本的には座って演奏会を聴く、というスタイル。確実に席が用意され、空調の効いた空間に響く優しい音楽。


寝るなって方がムリ!

その代わり、終演後に冷たいケーベツ光線に晒される事になるのだが……(汗)。建物を出ると、16時まで残り7分! 僕らは多少の早足で、『スペースマウンテン』に向かって歩き出した。


続く……。(最終回へ)


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

昼食、そして……。-TDL2008 その5-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3- -その4-


昼食である。特に場所を決めていなかった我々。前回は『クイーン・オブ・ハートのバンケットホール』だったので、ココは却下。近いところでかつ、席数が多いところ……という事で選んだのが、アドベンチャー・ランドにある『クリスタルパレス』。ブッフェ形式のレストランである。

午前11時の時点で、既に50分待ち! ……しかし、これでもまだ我々は早いほうだったのだ。見る見るうちに列は伸びていく。その内に1時間半待ち、という声も聞こえてきた。ここに来て初めての行列(入園時除く)。こんな時は、そう!

31169901



プロフェッサー・レイトン!(爆)





暇つぶしにはうってつけ(笑)。とはいっても、50分では済まなかった。人数が多い人達は、一人だけ残してイザ入店、という時にワッと集まってくる為、実際の列の長さよりも待ち時間が長くなってしまうのだ。それでも何とか1時間程度で中に入る事が出来た。


Ca390250001
レストラン内部。フンイキありますね。


入場制限をしているだけに、中はゆったり、ノンビリといった雰囲気。混雑しているので90分という制限時間付きではあるのだが実際90分もいる人はそうおらず、割と回転は速い(と、感じた)。そんな中、僕らは待っているヒトビトの迷惑も顧みず、

90分をフルに使う!(核爆)

いやまぁ、今回のテーマですから(オ・ト・ナ・のTDL 笑)。それに午後に備えて、ここでしっかりと体力を回復しておく必要があるのだ。なんせ僕は4時起き。もう8時間経ってるんだぜ(爆)。

肉、魚、野菜となるべくバランスを考えてモノを取っていく。が、個人的には「キッズメニュー」とある中の、エビフライとかハンバーグとか、ポテトフライとかにココロ惹かれる(爆)。でもお子様が群がっている最中には取りに行けない(笑)。なかなか、ジレンマであります。

Ca390251001
ミッキー型のお皿(笑)。


ここは明治乳業がスポンサーになっているせいか、壁の片隅に「おいしい牛乳」のパッケージがコッソリと置かれていたりする。だがドリンクメニューにミルクは無いし、それ以外にスポンサー臭を臭わすものは無い。うーむ、なかなかにムズカシイ問題があるとみた。


90分後、13時20分。外に出てみると、既に『ジュビレーション!』の席取りが始まっているではないか。最前列や日陰は既に取られ、後ろの方のスペースも、かなり無くなってきている。陽は完全に昇りきり、風には冷たさはあるものの、直射日光を浴びているとかなり暑い。正直、日向にはいたくないなーーと思ってはいたのだが、そうも言っていられない状況(汗)。何とか前から3列目の場所を確保する。時刻は13時半。


それが地獄の始まりだった。


荷物と場所を守るため、少なくともどちらか一人はその場所に居続けなければならない。

当然、僕(涙)。

照りつける直射日光。コンクリから跳ね返ってくる輻射熱。立ち上る熱気。とめどなく流れる汗。帽子を持ってきていなかった僕は、脱いだシャツを頭からスッポリと被っていた。こうするとDSの液晶も見やすく、レイトンをするにも都合が良かったのだ(爆)。

が。

風が通らず熱気がこもり、辛抱たまらんという結論に。かといって、脱いだら脱いだで日光に照らされる。……地獄だ。これは、地獄だ。


ようやく14時になり、レジャーシートを広げる。

あと1時間……
1時間!?

それでも僕は、一つの事を発見していた。こんな劣悪な環境でも、


人間は寝る事ができる。



続く……。(その6へ)


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

いよいよ、『スペースマウンテン』。-TDL2008 その4-

これまでのあらすじ。-その1- -その2- -その3-


さて本日のメイン(?)、『スペースマウンテン』である。FP有効時間より3分程早めに着いてしまったのだが、入り口のおねいさんはちょっと「ん?」という感じになったものの、中に入れてくれた(笑)。

リニューアルして、果たして何が変わったのか。

まず、rikaが気付いたところ。

「ロゴが変わった」

「……へぇ」

僕が気付いたところ。

「(乗り場の)内装、変わってないか?」

「うーん、そうかなぁ……」


結論。


以前のを憶えてないので、どこが変わったのかよく分からん!(爆)


まぁ、見た目はいいのですよ見た目は。問題は乗ってどうなのか、という事なのだ。建物内に入ると、外壁に沿って一周するように、乗車待ちの列が伸びている。天井からは、大きな宇宙船(?)のオブジェが下がり、コースターへの乗車はその真下で行われる。

待っている間は特にする事が無いので、乗り場の様子を上から眺めていたのだが……なんていうか、

工場みたいだ(爆)。

Ca390248001
非常に規則タダシイ、工場内部(笑)。


規則正しくコースターが戻って来て、規則正しく人が降り、そして乗って、規則正しく出発する。タイミングが狂う事は無い。その様子は正に、

流れ作業。

ヘンリー・フォードもビックリ(?)である。


そんなこんなで我々の番に。ここでも、先頭は免れた(笑)。前に人がいれば多少動きの予測ができる(?)。宇宙空間を模した暗闇を駆け抜けていくのがウリのこの『スペースマウンテン』。動きが読めさえすれば、コワイもんはないぜ! と、フト横を見ると、首に何やらせっせと巻き付けている方が若干一名。

「首を痛めないようにネ」

ふーん。で、


その薄いスカーフで何か意味あるのか?(汗)


まぁいいや出発! ーーと思ったら、トンネルに入るなりガクンと一旦停止! どうやらここで安全の確認や、時間調整をしているようだ。

Ca390249001
鳥のような(?)、宇宙船のオブジェ。


「それでは、いってらっしゃい♪」

とにこやかに微笑むキャストさんに見送られ、いよいよスタートである。ゆっくりと右に曲がり、上昇していく。急降下は無い、と知ってはいても 上昇するとココロ穏やかではいられないのアタシ、という感じなのである。上りきると、それまでの暗闇から星を表現しているのであろう、白い点が広がる空間に出る。と、

そこからダッシュ!

な、何か以前よりスピード出てるぞ!

星の流れがさらにスピード感を煽っているのだと分かってはいるのだが。暗闇のおかげで距離感が分からず、星が自分にぶつかってくるような気がして

コエェ!!

反射的に首をすぼめ、身を低くする(笑)。コースレイアウトが以前と同じかどうかなんて分からなかったが、少なくとも

以前より刺激度大幅UP!

なのは確かであった。やっとスピードが落ちてヤレヤレ、と思っていたら、ガクンと乱暴に止められる(笑)。そこで、

「荷物を顔の高さまで引き出して下さい」

と、安全バーを解除する前に告げられるのだが、間に合わなかった方が若干一名……orz 気付いた時にはバーが解除されてしまい、必死の形相で、荷物を抜きにかかっていた。まぁとにかく、


楽しい!


リニューアルされた『スペースマウンテン』、オススメであります。


で。


気付いたら、時刻はもう11時近く。ここで再び、決断の時である。問題なのは25周年のパレード、「ジュビレーション!」を見たい、という事。パレードは15時から。14時からは公式に「場所取り」が認められるのであるが、実際には2時間前、13時頃から既に闘いは始まっている。遅くとも、13時半には場所取りに入らないと良い場所は得られないだろう。

という事は、である。

お昼を食べたら、パレードが終わるまでアトラクションには乗れない。

という事なのだ。勿論お昼を適当なテイクアウトもので済ませるならば話は別なのであるが、今回のテーマ、「オ・ト・ナ・のTDL」を実践する以上、そして今日はあまり遅くまでいないつもりの為、お昼はキチンと座って、レストランで食べたい! という希望があったのである。


だがしかし、FP有効時間というのは、こちらで選べるワケではない。全体の発券枚数によって変動する、自分にとって都合の良い時間のものを取れるかどうかは、

あくまで時の運。

フトみると、『スペースマウンテン』のFP有効時間が、15時半〜となっている。僕らは顔を見合わせた。

rikaとしては『スプラッシュ〜』を見てから、という事があったらしいが、ここは強権発動!(笑) それに、前回『スプラッシュ〜』はわりと遅い時間でもスムーズに乗れていた、という実績がある。その可能性にかけ、ココは無難に『スペースマウンテン』のFPを取る!


続く……。(その5へ)


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

TDLオトナ計画、始まる(?)。-TDL2008 その3-

これまでのあらすじ。-その1- -その2-


『スペースマウンテン』のFP有効時間は、午前10時半から。つまり1時間後で、結構余裕がある。

いいじゃないか、いいじゃないか!

今日は「オ・ト・ナ・のTDL」が目標なのである(?)。時間にも気持ちにも、この調子で常に余裕を持っていきたいものだ。隣にあるアトラクション、『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』には、既に長蛇の列が出来ている。前回は120分待ちで並んだこのアトラクション。面白いっちゃ面白いのであるが、「そこまで並んでまで…」という事で、僕らの意見は一致していた。

なので華麗にスルーして、『スプラッシュマウンテン』へーーの前に、ディズニーリゾート名物(?)、ポップコーンを購入しようという事に。パンフによると、rika御所望の「ハチミツ味」を売る屋台は一カ所しかなく、それが『スペースマウンテン』近くの『プーさんのハニーハント』前にあるのだという(ハニーハント自体は休止中だった)。

ここでも既に行列が出来ていたのだが、1台だった屋台を急遽もう1台増やして対応してくれたので、さほど待たずに済んだ。文句ない文句ない、なのである。


『スプラッシュマウンテン』は、僕がこのTDLの中で最も苦手とするーーと言っても過言ではないーーアトラクション。TDSの『タワー・オブ・テラー』よりはまだマシではあるが。誘導されたのは、最後部の席。イザ乗車ーーと思ったら、

何故かやたらと濡れている。

確かにこのアトラクション、最終的には滝壺に落ちる、という事になっていて、その際に濡れる事があります、と注意書きもされているのだが、

それにしても濡れ過ぎじゃないか?

何となくイヤな予感を感じながらスタート。3段階程の急上昇を経て、一気に降下! その瞬間、ズブ濡れに……orz。水幕というより、水流の中を抜けた感じである。しかしまぁ、文句ない文句ない。最後で何故かゴンドラが大渋滞を起こしたりしていたのだが、恙無く終了! 


そのまま『スペースマウンテン』へーー行くには、まだ時間があったので、途中にあった『イッツ・ア・スモールワールド』が25分待ち、であった為、寄り道をする事に。ここは前回では見向きもしなかった(笑)アトラクション。当然、FP非対応であるのだ。

Ca390251
『イッツ・ア・スモールワールド』外観。


「特に列を設定しておりませんので、空いたスペースにどんどんお詰め下さい!」

というキャストの言葉に、遠慮無くガシガシ進んでいく。とーー何やら、鐘が鳴り始めた。時計を見ると、午前10時。お馴染みの曲が流れだし、建物の蓋が開く。中からは人形がワラワラと出てくる。カラクリ時計になっていたのだ。

「……そごうのと同じだな」

と、僕は呟いた。老朽化の為、今はやめてしまったらしいが、かつて12時になると店頭のカラクリ時計の前に、多くの人が集まっていたのを思い出す。って、よく見たら、このアトラクションのメインスポンサーもそごうなのですな(汗)。本家(?)はしぶとく生き残っている、というワケだ。

Ca390230001
中からワラワラと出てきます(笑)。


この『イッツ・ア・スモールワールド』は、『カリブ〜』同様、基本的に<見学モノ>。船に乗りさえすれば、あとはノホホンとしている事ができる。ここでも『スプラッシュ〜』同様、最後部の席に。前回はやたらと最前列になる事が多かったのだが、今回は反対である。まぁ後ろに気を遣う必要が無いのは、それはそれで良い。

で、感想は? と問われるならば。


特になし!(爆)


ーーというのもナンなので。まぁ、別にツマラナイ、というものではないのだが(汗)。お馴染みの曲を、世界各国それぞれの民族衣装に身を包んだ人形が歌い上げる中を進んでいき、最終的にはどこの民族衣装でもない、無垢な白い衣装で融和しましょう、という流れ。アジアや南米、アフリカなどの大陸毎にエリアが分かれているのだが……。

どこだかよく分からない国も幾つか(汗)。

まぁ、これはコチラの知識不足であるのだけど。どうやらrikaの趣味に感化されてしまったのか、

「刺激が無いと物足りない!」

という考えに支配されつつある、ワタクシである(汗)。


『イッツ〜』を出ると、まだ『スペース〜』のFP有効時刻まで、多少の時間がある。しかし移動距離が結構あるので、とりあえず向かう事にした。個人的に一番楽しみだったのが、この『スペースマウンテン』。苦手な上下運動がさほどなく、それでいて結構刺激的。

リニューアルされたといっても、外観は殆ど(全く?)変わらない。果たして、どう変わったのか。


続く……。(その4へ)


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

ご利用は、計画的に。-TDL2008 その2-

これまでのあらすじ。-その1-


Ca390249
新しく出来たホテルを眺める。天気は快晴!


さて、以前の記事でも書いたのだが、TDLで遊ぶには事前の計画が重要なのである。前回はハロウィーンイベントの最中であったので、特別企画を行っていた「ホーンテッドマンション」をメインに、「とにかく有名アトラクションに乗ろう!」と頑張ったワケなのであるが、今回は二回目。それなりに気持ちの余裕がある。

で、今年のTDLは25周年という事で、それなりにイベントが行われているらしい。

「25周年のパレードは見たい」

と、rikaが15時からのパレードを指して言う。

「アトラクションだと、リニューアルしたものかな。『スペースマウンテン』と『カリブの海賊』。それと……
『スプラッシュマウンテン』


ちょっと待て。


『スプラッシュ〜』はリニューアルしてないじゃん。

「いいじゃん、乗りたいでしょ? でも朝一であの上下運動はちょっとキツいかな……。だから、まず最初に『スプラッシュ』のFPを取って、その足で『ビッグサンダー』ね。『カリブ〜』はFP対応じゃないから早めの方がいいのよ。だからその後に。そして『スプラッシュ』に乗って、後はナリで決めようか。多分、『スペース〜』のFP取るかそのまま乗っちゃうか、だと思うけど。それでいい?」

「……ハイ」

文句ない文句ない、なのだ。


「じゃ、今回は任せたから」

と、rikaは続けた。それで僕は理解した。所謂「オープンダッシュ」である。前回は、僕が初ディズニーランドで内部のレイアウトを理解していなかったという事もあり、「一緒に行こう」と言って失敗したのである。だがしつこいようだが今回は二回目。ゲートを抜けた直後にチケットを預かり、僕は『スプラッシュ〜』へ。rikaは『ビッグサンダー〜』に向かおう、という事になった。『ビッグサンダー〜』の入り口前で、待ち合わせ。

計画も立った(?)ところで午前8時。

開場!


計画通りにチケットを預かり、ダッシュ! しかしこの「オープンダッシュ」、ただ早く走れば良いというものではない。予想の付かない動きをする同様のダッシャー(※ダッシュする人の事 笑)。横に広がりつつスピードも遅い、乳母車軍団。そうかと思えば、まるでワナのようにそこかしこに配置されているキャスト(従業員)。それらを如何に効率よく避けていくか。直線的な動きだけではダメなのだ。

個人的に最も厄介な存在なのが、キャスト。皆が動いている中で、唯一その場に留まっているからだ。しかも通行の邪魔にならないようにか、柱などの陰にいる事が多い。僕のスタイルとして、<人と(柱などの)障害物の間を狙って走る>というものがあり、そのスタイルを適用すると他人を追い越した途端、目の前ににこやかに手を振るキャストが現れビックリ仰天、という事がママあるのだ。(注:オープンダッシュは危険防止の為、基本的には禁止されています)

それでも<ワールドバザール>エリアさえクリアしてしまえば、さほど混み合う事はない。ハンドボールで鍛えた、この華麗なサイドステップを見よ! ーーって、傍目から見ると、迷惑この上なかったかもしれないが(汗)、何とかワールドバザールを突破し、『スプラッシュ〜』のある<クリッターカントリー>エリアに向かう。しかし相変わらずディズニーの地面は脚に優しくない(泣)。コンクリそのママなので、膝に負担が……。


何とか9:30からのFPをゲットし、『ビッグサンダー〜』の手前でナイスなタイミングでrikaと合流。そのまま、待ち時間5分の『ビッグサンダーマウンテン』に乗車! 基本的に横方向の動きがメインの為、体に優しい(笑)アトラクション。朝一には最も相応しいかもしれない(?)。

Ca390250
ガラガラの『ビッグサンダー』。この時間ならでは。


計画に従い、<アドベンチャーランド>の『カリブの海賊』へ。既に『ビッグサンダー〜』のFP発券機にはかなりの行列が出来ていた。コイツは『カリブ〜』もヤバイかな!? と思ったのだが、アッサリと5分待ちで入場。

『カリブの海賊』といっても映画の「パイレーツ・オブ・カリビアン」とは何の関係もなかったこのアトラクションなのだが、昨年リニューアルされて映画のキャラが登場しているのだという。結構楽しみにしていたのだが……結論から言うと、

リニューアルってほどじゃないな。

所々に異様にリアルな(汗)ジャック・スパロウ人形が追加されているものの、全体的なストーリー展開に変更はナシ。まぁ一過性のキャラだから、主役に据えるってワケにもいかなかったのだろうネ(笑)。FP対応じゃないのもさもありなん、という感じ。


『カリブ〜』が終了した所で、午前9時半。思っていたより時間が経っている。『スプラッシュ〜』のFP有効時刻であるのだが、それと同時に新たなFPが獲得できるようになった。

だったら、まずは『スペースマウンテン』のFPを取ろう! FPの有効時間は1時間。焦る事は無いのだ。ここに来て、本日のテーマが決まった。それは、

「TDLをオトナ的に楽しむ」

つまり、<走らない><焦らない><慌てない><ガツガツしない>というキーワードを代表とする、「余裕を持った楽しみ方をしようではないか!」という事なのだ。とはいっても、


もう既に走っているんだけどな(爆)。


まぁここからは、という事でヨロシクなのである(笑)。


続く……。(その3へ)


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

再び、TDLへ。-TDL2008 その1-

何の因果か知らないが、またTDLに行く事になった。「行く事になった」と言っているが、まぁ一応、自分の意志である(笑)。

これまで僕が「東京ディズニーリゾート」に行った事があるのは、全部で3回。多い、少ないはとりあえず置いといて(爆)、シーが2回、ランドが1回の内訳である。

ちなみに初回のランドの記事はコチラ。2回目のシーの記事はコチラ


ところでこれまでの3回の内、2回がタダ券(爆)。で、1回はナイトパスポート。つまり何が言いたいのかというと、


まともに(?)オカネを払って入った事が無い。

しかし、2回のタダ券の供給源であった親父が会社を定年退職し、その供給が途絶えてしまった。なので今回は初! の自分でオカネを払ってのまともな入場なのである。最近は便利になったもので、近くのコンビニでもチケットが買える。しかも、である。6月2日までは神奈川県民ウィーク(?)として、


大人一枚4,800円で購入可能!(通常5,800円)


実は当初、ネットオークションか金券ショップで買おうと思っていたのだが、金券ショップでは安くても100円か200円引き。だったらオークションだな、と眺めていたら6月2日までの神奈川県民チケットが大量に売られていて、その存在に気が付いたというワケだ。しかも、である。


ファミマで買えば、Tポイントが付く!(重要)

なかなか1万円近くの買い物なんか、しないからなぁ(笑)。というワケで、ファミマで無事にチケットを購入し、イザ本番!


前回のディズニーシーでは開園時間を間違えて、貴重な睡眠時間を削ってしまったワケなのであるが、今回はそんなヘマはしない。


でも4時半起き(汗)。

前日は雨の一日だったのだが、この日は快晴! 空気は少し冷たいが、それが気持ちいい。rikaをピックアップして、湾岸道路を順調に進んでいくとーー前方に渋滞が! どうやら葛西ICの先で工事をしていたらしく、その影響が残っているのだ。いつもなら先の浦安ICで降りるところだが、丁度葛西出口付近だった事もあり、急遽葛西で降りる。下道であっても、流石に早朝。スムーズに辿り着く事ができた。

ディズニーリゾート周辺は道が広く平坦で、路面も整備されているという事もあってか、やはり自転車海苔の姿も目に付く(意識の違いもあるのだろうけど)。まぁそれはともかくとしてゲートをくぐり、誘導されるままに進んでいくとーーそこは立体駐車場の1階であった。前回は青空駐車場。

「こんなところに止めるの、初めて」

と、家族でも何度かランドに来た事があるというrikaが呟く。時刻は午前6時半。そこで気が付いたのだが、



前回より、30分も早く着いちゃった(汗)。


そりゃ、スムーズなハズだ……。


ゲートまで行ってみても、多少並んでいるかな、と思ったのはチケット売り場であり、確保した場所は入り口から約25メートル。


近っ。

おかしいなぁ。オレそんなに、熱心なディズニーファンじゃないハズなんだけどな……。

Ca390248
人が並んでいるのはチケット売り場。


さて、到着したはいいものの、開門は午前8時予定。一時間半の待ち時間があるのである。その間にコンビニで調達してきたお握りをパクつく。さらにこの日は、rikaが秘密兵器を用意してきていた。それはDSソフト、

31169901




「レイトン教授と不思議な町」(笑)


人気ソフトの第一作である。大泉洋がレイトン教授の声をあてている事も「どうでしょう」ファンの僕としては好印象。とはいっても一人用ソフトであるので、僕かrika、どちらかしか出来ないのだがーー。キミは家帰ってからやりなさいネ、という事で、僕がやらせて頂く(爆)。

「音聞きながらの方が、やっぱり面白いよ」

というので、イヤホンを使用して完全に独りの世界に突入! である。そこいらで小学生位のガキンチョもDSやっているのだが、この際カマワンのである(笑)。最初から始めると、導入部はセリフ有りのムービーパートから始まる。うーん、やっぱりレイトン教授の声は、何か違和感あるなぁ(笑)。一言でも良いから、
「おい、パイ喰わねぇか」とか言って欲しい(爆)。

説明書も何も読まず始めたワケなのだが、全く戸惑うことなくサクサク進むーーって、


コレ、何の話だっけ?


あ、そうだ。ディズニーランドの話だった(笑)。そんなこんなで時間は過ぎて、いよいよ入場である。

続く……。(その2へ)


↓ランキング参加中です! よろしければ、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)